カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

検索

RSSからブログを 購読して新着記事を いち早くチェック!
ブラウザのお気に入りに登録
2017.06.17 Saturday

そこまでしても履きたい!

ドイツのコンフォート靴といえば、デザイン性はもう一つだけれど、足への負担が少なく、そして頑丈というイメージがあります。最近では一般受けするようなデザインも増えてきたとはいえ、しかし、足の健康のことを考えると、イタリアのように思い切ったデザインは採用できない…。ドイツコンフォートシューズのラインナップを見ていると、そんな苦悩が伝わってくるように思います。

 

先日来られたお客様も、ドイツコンフォートシューズを長年愛用されている方で、10年近く愛用しているブーツがどうしても手放せないとのことで、来店されました。

 

靴底は、全て新しいものに取替ができるのですが、残念ながら靴全体の革の部分は取替はきかず、そのブーツもつま先部分が、かなり擦り切れ、摩耗していました。見た目もそうなのですが、完全に革が切れてしまいそうになっているのを何とか出来ないかと言うご相談でした。メーカーでも断られたそうです。

 

早速、このような難しい補修をお願いしている、ある職人さんにお願いをすることにしました。そして、出来上がったブーツは、とても美しく仕上がり、お客様にもとても喜んで頂くことができました。

 

自分の愛用する品というのは、なかなか手放すことができません。新しい物を買った方が安上がりだと思っても、やはり愛着があるものです。私も今そんな時計が一つあります。今も修理して使おうかと迷っています。

 

お客様の、「そこまでしても履きたい」というお気持ちを大切にしたいと思います。

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする