カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

検索

RSSからブログを 購読して新着記事を いち早くチェック!
ブラウザのお気に入りに登録
2020.09.23 Wednesday

かつて西部があった…

昨日、「Once upon a time in the West」という、3時間の映画を観に行ってきました。

 

 

1968年封切りのこの映画は、当時、映画評論家などからは不評で、興行的にも成功したとは言えない結果であったようです。が、その後世界の名だたる映画監督たちが、この映画の監督、セルジオ・レオーネから大きな影響を受けているという、マカロニ・ウエスタン研究の著書などにより、最近になり、この映画が再評価され、今日の再上映に至っています。

 

最近の映画には見られない、莫大な予算を費やした、大掛かりなセットは、先日観た黒澤明監督の影武者の大掛かりなセットやカメラの構図を彷彿とさせ、レオーネ監督もまた、Kurosawa の影響を受けているように感じました。

 

物語は、鉄道建設により、何もない荒野の土地に、新しい街が次々と生まれていく時代の、アメリカ西部が舞台となっていて、まさに、「かつて西部があった」という原題そのままの、見ごたえのある、映画の好きな方には、一度は観て頂きたい映画でした。

 

歩きたくなる靴はフットクリエイト。ご相談はTEL075-365-3748またはこちらよりご予約ください。


コメント
コメントする