カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

検索

RSSからブログを 購読して新着記事を いち早くチェック!
ブラウザのお気に入りに登録
2020.06.11 Thursday

靴だってかまって欲しい!

梅雨入りしました。

 

今日は全国的に、強い雨が降るという予報で、土砂災害や河川の氾濫などが心配です。この時期、早めの避難といってもコロナが心配で、避難もままならず、ただただ災害が起こらないようにと祈るばかりです。

 

さて、梅雨に入ると、冷蔵庫に入れてあった食品でも、ふと見ると色とりどりのカビが生えていて、びっくりしたり、時には感動さえ覚えたりしますが、下駄箱に入っている革靴などでも、ヘタすると同じ事が起こってしまいます。

 

毎日履いている靴であれば、カビが生える余地はありませんが、お気に入りで、大切に保管してある靴ほど、カビの胞子がどんどん育ち、危険です。

 

特別なお出かけの際に、いざ履こうと箱から出してみると、靴全体が白いカビに覆われていた…。

 

実は私もそんな経験があります。

 

そして困るのは、一度カビが生えてしまうと、表面的にはカビが見えなくても、繰り返しカビ易くなったり、革の質が劣化したりすることなのです。

 

お気に入りの靴は、履いた後、しっかり靴内の湿気を逃がし、革表面の汚れを落とした後は、靴クリームを使って丁寧に保湿した上で、下駄箱であれば、なるべく高い位置で保管をしましょう。

 

また、靴クリームもできればワンランク上のものを使えばいう事なし。

 

私のお気に入りは、コロニルの1909シュープリームデラックス。ドイツの製品です。浸透力が高く、クリームが繊維すみずみに行きわたり、革の持つ特性を引き立たせてくれます。撥水効果もあるので、この時期はかかせません。

 

 

こうして、手入れを怠らなければ、大切な靴は、使えば使うほどに味わいが出て、かけがえの無い一足になるはずです。お肌の手入れと同じように、靴もかまってあげましょう。

 

歩きやすい靴はフットクリエイト。ご相談の方は、お電話075-365-3748または、こちらよりご予約ください。

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする