カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

検索

RSSからブログを 購読して新着記事を いち早くチェック!
ブラウザのお気に入りに登録
2020.06.02 Tuesday

驚きの音楽会があった。

明け方見た夢。

 

私は数名の人と果てしない海を泳いでいましたが、いよいよ力尽きて、「先へ行ってください」と言い残し、一人、海の底深く落ちていくのですが、苦しくない。むしろ、心地良さを感じながら、落ちていくのでした。海の中へ沈んで行くって、本当にあんな感じなんでしょうか。

 

昨日、ユーチューブでたまたま見つけた、井上道義指揮、N響による第九。10年ほど前に放映されたものですが、その中で、戦争末期の1945年6月に、日比谷公会堂で第九が演奏されていたことを知りました。

 

1945年といえば、3月10日の東京大空襲で、10万人という死者、100万人の被災者を出し、東京は焼け野原。さらに6月23日には、一般市民10万人を含む20万人が命を落とした沖縄戦で、日本軍が壊滅。

 

国としては末期の様相です。こんな環境で、食糧不足で、食うや食わずの中で、第九が演奏されたというのは、信じ難いものですが、それでも、あの歌声が、人々の生きる力となったというのであれば、このコロナの中でも、音楽は私達をきっと勇気づけてくれるはず。

 

飲食や観光業、私たちのような小売業は、どこも大変な状況ですが、文化を担う人々も、それ以上に苦しい想いをされています。

 

観劇や音楽会などが開催できるようになった時には、このような分野にも、応援消費をしなければと思っています。

 

歩きたくなる靴はフットクリエイト。ご相談はお電話0753653748またはこちらよりご予約ください。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする