カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

検索

RSSからブログを 購読して新着記事を いち早くチェック!
ブラウザのお気に入りに登録
2020.05.08 Friday

新手の商法

アメリカの百貨店、ニーマン・マーカスが破綻したというニュース。

 

日本でいうと、高島屋みたいにリッチな層を顧客に持つ老舗の百貨店ですが、もはや、高級百貨店という看板だけでは生き残れない、今の小売業の在り方を象徴するような出来事です。

 

こんな大きな会社が破綻する今の世情、私たちのような小さな店や会社が、これまでの慣習にとらわれ、変化を恐れ、商売していても、生き残る見込みなどありません。

 

自分達には何ができるのか、何を目指すのか、何を持って世の中に貢献していくのか。今一度、自分たちの存在意義から問い直し、コロナ後の世界にも対応できる店を創っていきたいと思っています。

 

と、そんなことを考えているときに、発見したのが一枚の折り込みチラシ。

 

それは「お家に眠っているミシンを無料で調整します」というものでした。出張料も無料だそうです。

 

最近は、時間を持て余して、お菓子やパン作りを始める人が増えているように、マスク不足などもあって、ミシンを使ってマスク他、モノづくりに励む人も増えているのでしょう。しまったままになっていたミシンを引っ張り出して、いざ使おうと思ったところ、動かない。そんな需要をうまく捉えている折り込みチラシだと思いましたが、ふと以前経験した出来事を思い出しました。

 

随分前の話ですが、それまで使っていたミシンが使えなくなったとき、とても安い(多分2〜3万円程度だったと思う)ミシンの広告を見たので連絡すると、早速訪問してくださることになりました。が、その広告の安いミシンというのは、ダミーで、その場で使わせてもらったものの、とてもまともに使えそうにない代物でした。そして、その後、まともに使えそうなミシンを紹介されるのですが、どれもこれも10万円ほどするものばかり。

 

その時初めて、こういう商法があることに気が付いたのでした。

 

今回のちらしも、結局はミシンの調整はできず、新しいミシンを奨められるという図式ではないかと思ったのでした。コロナに便乗した色々な商法もあるみたいなので、くれぐれも気をつけましょう。

 

歩きやすい靴のことならフットクリエイト新型コロナウイルス対策のため、靴を見に来られる方も、ご相談の方も、皆様ご予約をお願いしています。ご予約はこちらより。

 

コロナも怖いけど、閉じこもりによる足の筋力低下にはくれぐれも気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする