カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

検索

RSSからブログを 購読して新着記事を いち早くチェック!
ブラウザのお気に入りに登録
2020.01.23 Thursday

没落する百貨店

暖冬の影響?で、京都市内の百貨店12月度の売上は前年度比でマイナス7%だとか。でも本当に暖冬だけが原因でしょうか?

 

最近、市内の幾つかの百貨店へ行きましたが、「売り場変更のため」などの改装が目につきます。高島屋も増床するそうですが、売り場面積を拡げたり、中身を入れ替えたりという、これまでのやり方だけでは効果は限定的なのではないでしょうか。
 

昨日、店を始めた頃にお世話になった、市内某百貨店の靴売り場で活躍されていた方が、ひょっこりお見えになりました。足の健康への想いは人一倍で、「足の健康」ブームの草分け的な方です。

 

その方が仰っていました。「今の某百貨店の靴売り場はあきませんわ」と。

 

私も同感です。今の百貨店は、靴売り場をはじめ、どの売り場も特徴がなさすぎ。中には苦肉の策で、どこのショッピングモールでも見られるような店舗を誘致しているところまでもあり、まさに、場所を貸しているに過ぎない業態となっています。

 

賑わっているのは地下の食品売り場だけ。上のフロアでは、閑散としているのに、それでも閉店時間まで、ひたすら立って待っていなければならない店員さん。

 

アメリカでも老舗の百貨店がどんどん潰れつつある中、百貨店そのものの在り方を、真剣に、そしてダイナミックな思考で、改革しなければいけない時代が到来しています。「北海道うまいもの市」では、もう人は呼べません。

 

足と靴のご相談はフットクリエイト。ご相談の方は、こちらからご予約をお願いいたします。

 

ライン始めました。ご登録はこちらより。

 


コメント
コメントする