カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

検索

RSSからブログを 購読して新着記事を いち早くチェック!
ブラウザのお気に入りに登録
2020.01.18 Saturday

「ズレ」を感じた広告その2

今日からセンターテスト。

 

ご本人はもちろん、そのご家族にとっては、大変な2日間。そして、その結果に基づいてのさらなる試験。たいへんなストレスの毎日です。

 

もう10年以上も前のこと、我が息子が受験した時もそうでした。見た目は普段と変わらない彼だったのに、準備万端で臨んだ2次試験の際、突然問題用紙の文字が見えなくなってしまったそうです。恐らく、極度のストレス状態だったのでしょう。試験から戻った彼にそのことを聞いて、愕然としたことを思い出します。それでも、そんな状況と戦って、最後まであきらめず試験を終え、何とか合格することができました。

 

どんな状況になっても、最後まであきらめないことが大切ですね。

 

さて、話は変わって、今日は「ズレ」を感じた広告その2です。

 

いくつかのマーケティングセミナーでは、お客様との関係性を創りましょう、お客様との距離を縮めましょうということが、よく言われています。自分のプライベートを公けにすることで、顧客との色々なつながりが生まれ、良い関係性ができるというものです。

 

なので、最近では自分が好きなもの、旅行のこと、家族のことなどをニュースレターなどに載せているケースもよく目にします。

 

先日見た広告は、とあるホテルチェーンの、新聞全5段カラーという大きな目立つ広告でした。ところが、その大きな面の80%は代表と奥様の大きな写真。個人的な趣味などが読み取れる、そんな写真でした。

 

確かに、このケースでは、社長たちのプライベートがバリバリ出ていますが、時と場合、会社の規模、それまでの顧客との結びつきなどを考えた上で、すべきだと私は考えています。

 

これまで何もそんな取組もせず、いきなりプライベートな写真。ちょっと引いてしまいますね。

 

ということで、良いと聞いたことも、自分の中で充分に咀嚼し、自分たちの事業を考えた上で、実行をするようにいたしましょう。

 

足と靴のご相談はフットクリエイト。ご相談の方は、ご予約をお願いいたします。

 

ラインはじめました。ご登録はこちらより。

 

 

 


コメント
コメントする