カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

検索

RSSからブログを 購読して新着記事を いち早くチェック!
ブラウザのお気に入りに登録
2020.01.15 Wednesday

インソールの効果を得るための3つのポイント

昨日、仕事の関係で来られた方とお話していると、足のトラブルの話になりました。以前、整形外科でインソールを作られたそうですが、普段履いている仕事の靴に入れてみると、無理があったそうで、結局今は使ってはおられないとのこと。

 

このようなケース、とても多いのです。

 

昔と比べると、インソールに対する認識は高まり、足にトラブルを抱えたら、インソールを作ってもらえば良いのだと、思われる方も多くなっています。確かに、足の骨格やアーチのバランスを整え、足や体の負担を減らすために使うインソールは、足にトラブルを抱えている人には、有効なものです。

 

ところが、インソールだけが独り歩きしてしまうと、それさえ作って使えばパーフェクトと、考える人も増えてくるのです。

 

インソールは、ほとんどの場合、靴に装着して使います。それだけに、インソールを活かすも殺すも、靴一つと言っても過言ではありません。

 

例えば靴のサイズ。

 

今履いている靴のサイズが、そもそも小さ過ぎて足のトラブルになっているのに、そこへインソールを入れても、状態は悪化するばかり。小さな靴は、インソールでさらに小さくなってしまいます。

 

インソールの効果を最大限得るための3つのポイント。

 

足や体の事を十分考慮した上で、最大の効果を発揮してくれる設計をし、慎重に作られることが第一。

 

そして、そのように作られたインソールの機能を最大限に引き出してくれる靴選びが第二。

 

最後は、そのインソールと靴を使って、どれぐらいしっかり歩くか。たまに使うのでは意味がありません。

 

たかがインソール。されどインソール。

 

正しいインソールを使って、足のトラブルから開放されましょう!!

 

足と靴のご相談はフットクリエイト。ご相談はご予約をお願いいたします。

 

 

 


コメント
コメントする