カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

検索

RSSからブログを 購読して新着記事を いち早くチェック!
ブラウザのお気に入りに登録
2019.06.18 Tuesday

小売店は不滅です

インターネット、メール、SNSを使って、世界中から、あらゆる商品やサービスを手に入れられる現代社会。自分自身も、主食となるお米は、出雲地方から、嗜好品のワインは、現地まで足を運び、気に入ったワイナリーから、日々の食材は生協から、と、働く身としては、とても便利で、ありがたく思っています。

 

しかし、ふと、このようなサービスを、一度見直してみようと思ったのです。

 

最近では珍しくなくなった、個人情報の流出。インターネットで物をやり取りしている以上、どうしても、こんなリスクとは背中合わせとなります。幸いにも、これまでは被害はないものの、これから先、常にこのようなストレスと付き合っていかなければなりません。そこで、何でもかんでも、ネットに頼るのを、考え直してみようと思いました。

 

まずは、アマゾン。

 

本大好き人間の私には、家に居ながら、話題の、あるいは面白そうな本を、今日欲しいと思えば、明日届くサービスはとてもありがたいものです。でも、アマゾンでいくら本を買っても、アマゾンが日本に税金を払っている様子は無さそうだし、全国の小さな書店の数は、年々減少しているし、それならば、日本あるいは地元で、一生懸命がんばっている本屋さんで買うようにしようと思ったのです。そして、今はなるべく、それを実行しています。少々面倒でも、大きな書店に足を運んで、新刊書をはじめ、ずらっと並ぶ本を見ていると、ネットだけでは、絶対に手にすることのない本にも出会う事ができ、それもまた楽しいものです。

 

この他にも、注文はネットで簡単に済ませるのではなく、敢えて添付されているハガキを切り取って使ってみたり、電話をかけたりなど、多少の面倒があっても、何となく相手の見える、相手が感じられる、そんな方法を選ぼうと思っています。

 

ということで、このような人と人とのふれあいで成り立っている、私たちのような小売店。ネットの台頭で、いずれ無くなっていくなどと言われてはいますが、人間が人間である以上、小売店は不滅です。

 

今日も、足と靴のカウンセリングを通じて、お客様の足や靴のお悩みを、じっくりお伺いしています。

 

ご相談のご予約は、フットクリエイトへ。

 

 

 

 


コメント
コメントする