カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

検索

RSSからブログを 購読して新着記事を いち早くチェック!
ブラウザのお気に入りに登録
2019.06.03 Monday

「美しい」から「豊か」へ

昭和40年代から50年代は、日本は高度成長期。国中に高速道路が巡らされ、鉄道が整備され、私たちも小学校の社会科で、全国の主要工業地帯の場所や産業などを教えられました。その反面、交通事故をはじめ、水質汚染に大気汚染など、私たちは大きな代償を払ってきたのです。

 

しかし、社会が成熟するとともに、成長と人間が共存できるように、法律規制をはじめ、私たちも環境保護についての教育や安全教育を受け、私が子供の頃、魚も住めないと言われた、多くの池や河川は、今では蛍が乱舞するような環境へと再生しています。

 

ところが、今日の神戸新聞のインターネットニュースによると、瀬戸内海の水質が改善しすぎて、魚介の栄養素となる窒素が減少し、不漁の原因となったり、ノリの色落ちが起こっているそうです。

 

窒素の濃度を0.2g以下に規制すると、水質はダイビングができるぐらいの透明度となるそうですが、栄養が不足して、貝や小魚には大きな影響がでるのだそうです。

 

靴の世界でも、美しいだけの靴は、実際に履いてみると、足の健康を損なったりするものもあります。何事も「過ぎたるは及ばざるがごとし」。

 

美しさの前に、「快適であるか」「安全であるか」「豊かであるか」など、もっと大切にしなければいけないものがある事を、改めて認識しました。

 

足と靴のご相談はフットクリエイト。本日は定休日です。

 


コメント
コメントする