カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

検索

RSSからブログを 購読して新着記事を いち早くチェック!
ブラウザのお気に入りに登録
2019.05.01 Wednesday

足の声を聴いてあげよう

令和の時代に入り、世の中は、男も女も、若い人も高齢の人も、障がいが無くても有っても、それぞれが、それぞれらしく、平等に生きられる時代へと進んでいこうかと思います。

 

しかし、「建前と本音」があるのが世の常。現実には、たくさんの不条理が存在しています。

 

以前、よく耳にしていた、女子勤務時の履物規定。事務職などでは、スリッパなど、比較的ゆるい履物で仕事されている方も多い方思いますが、問題はサービス業。

 

百貨店、ホテル、受付など、接客が基本の仕事では、女子の履物には厳しい制約が設けられています。しかし、それらも時代とともに、ずいぶん緩くなり、百貨店などでも以前ほど、ヒールの高さまで決められるところは少なくなっているように感じていました。

 

しかし、昨日お見えになったお客様のお話を伺って、それが一部のお話であったことを、思い知らされたのでした。

 

お客様に心を込めて接客したいのに、足が悲鳴をあげている状態では、そんな気持ちの余裕を持てるわけがありません。未だに厳しい履物規定を設けている大手企業の、頭の固い男性上司たちは、なぜそんな当たり前のことがわからないのでしょうか。ビジネスシューズをパンプスに履き替えて、一度仕事をしてもらいたいものです。

 

健康経営とか何とか言う前に、まずは今の現状を知り、すぐにでも取り組める改善から始めましょう。

 

足と靴のご相談はフットクリエイト。本日、明日は営業いたしております。

 

ラインはじめました。ご登録はこちらより。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする