カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

検索

RSSからブログを 購読して新着記事を いち早くチェック!
ブラウザのお気に入りに登録
2019.04.29 Monday

自然が創る形には意味があって…

最近愛用しているランニングシューズは、3種類。厚底タイプが2足、ごく一般的なものが1足。それぞれに特徴があるので、その日の距離やコンディションに応じて履き分けています。

 

厚底タイプの靴は、クッション性が良く、足へのインパクトも少ないのが特徴ですが、その分、靴底の素材も柔らかいものが使われていて、早く摩耗してしまいます。今愛用している厚底タイプの靴底が、ぼちぼち摩耗してきたので、先日新しい靴を探しに行ってきました。

 

そして奨めてもらったのが、「アルトラ」というブランドでしたが、私は一目見るなり、その靴がとても好きになりました。

 

まずは、靴全体のシェイプが、私達が普段からお奨めしている、自然な人間の足型に沿ったデザイン。このデザインを持つことで、足指が自由に使え、長い距離のランニングなどでは、それが活かされそうです。

 

そして、もう一つ私の心をとらえたのは、靴の箱に書かれていた文章。

 

「生まれながらにして、人の足の踵には、(ヒールなどの)高さはついていない」

 

そうなのです、私たちも足と靴の講演をする際には、いつもこのことをお伝えしているのです。

 

その靴も、かかと部と前足部は同じ高さに設定されている「ゼロドロップ」。フラットな着地は、関節への負担も減らしてくれるので、とりわけ長い距離にはそれが活かされるかと思います。

 

そう考えると、ヒール高8僂箸10僂發△襯僖鵐廛垢、どれだけ体へ大きな負担をかけているのかが、よくわかります。

 

この新しい靴も加えながら、いかに体へ負担をかけずして、マラソンを走るかというテーマに、取り組みたいと思います。

 

足と靴のご相談はフットクリエイト

 

本日は定休日。4/30日(火)〜5/2日(木)は営業いたします。

 

 

 

 


コメント
コメントする