カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

検索

RSSからブログを 購読して新着記事を いち早くチェック!
ブラウザのお気に入りに登録
2019.03.20 Wednesday

立ってられない人

今日は、春らしい温かな一日になりそうですね。

 

もしもタイムマシンが存在し、好きな時代に行けるとしたら、先ず行ってみたいのは、江戸から明治への転換期。今も歴史上に残る、かの時代ならではの事件、かの時代だからこそ現れた人物。そして、明治維新という大転換の中で生きた市民たち。その場に身をおいて、私も時代のエネルギーを感じてみたい。興味津々の時代です。

 

1873年の今日、明治天皇が髷を断髪された日だそうです。1868年明治元年から5年目。天皇も、髷を落とすに当たっては、深く悩まれたのかもしれませんね。

 

さて、昨日、一昨日は、新しくオープンした京都経済センターで、企業展示をさせて頂きましたが、様々な業種の企業が出展されていて、非常に興味深く、私も他の企業さんの展示を一つ一つ見て回りました。

 

展示会と名の付く催しでは、企業が一つのブースを借りて、自社の商品やサービスをパネルなどで紹介し、その横には担当者が立ち、興味を持って頂けそうな方に、その都度説明をします。ブースの担当者は、展示会の開催中は、そこに張りついていなければなりません。そして、ほとんどは立ったままで。

 

大きな会社ならば、数時間ごとの交代も可能かもしれませんが、私たちのような小規模事業者では、社長自らが立ち、説明しているところがほとんどです。朝10時頃から夕方5時頃までは、ほとんど立ちっぱなしということになりますが、その際、ふと気が付いたことがありました。

 

多くの展示ブースの中で、一部でしたが、座ったままで対応されていたところがありました。恐らく足が、体が辛くて立ってられなかったのでしょう。

 

このように、立ち続けられない人というのは、普段あまり歩かず、車ばかりの生活なのかもしれません。

 

いざという時に、立ち続けられる、歩き続けられるためにも、普段から歩いて、体力を維持してほしいですね。子供の体力低下が問題になっていますが、大人にも、立っていられない、歩けない人が意外と多いのかもしれない。そんなことを感じました。

 

歩ける足を維持するために、靴やインソールを使って、ウォーキングを習慣にしましょう!!

 

足と靴のご相談はフットクリエイト。ラインはじめました。ご登録はこちらより。

 

 

 

 

 


コメント
コメントする