カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

検索

RSSからブログを 購読して新着記事を いち早くチェック!
ブラウザのお気に入りに登録
2019.01.08 Tuesday

宝の持ち腐れ

昨日も寒い一日でした。夜はやはり「鍋ね」と、松原商店街にある鶏肉専門店に、もも肉を買いに行ったところ、「!!!!」、『12月25日をもちまして、閉店させて頂きます』という貼紙がありました。

 

味わいのある「かしわ」なら、安心して買える店として頼みにしていただけに、とても残念です。小売業の廃業が増えているという昨今、改めて現実の厳しさを感じた出来事でした。

 

さて、今年に入ってからは、ほぼ毎朝、順調に走っているのですが、最近履いていなかった、厚底シューズの「ホカオネオネ」で久しぶりに走ってみました。あの靴で走る時は、一般的なランニングシューズのようなヒールコンタクトではなく、ミッドフット、フォアフットという走り方になるのですが、久しぶりなので、何となくぎこちない走り方で、かえってもたついた感じの走りとなってしまいました。

 

昨日、箱根駅伝で多くの選手が履いていたという、ナイキ厚底靴のブログを書きましたが、このホカオネオネもまた違うタイプの厚底靴で、その分野では密かにファンの多い靴です。しかし、せっかくの靴も、使ってなんぼ、ただ持っているだけでは、まさに「宝の持ち腐れ」になるんですね。

 

同じようなことが、フットクリエイトの靴やインソールでもあります。フットクリエイトで多くの方が履いておられる「アサヒメディカル」という膝に優しいウォーキングシューズは、日本製ということもあり、一足が22,000円~26,000円という価格帯。オーダーメイドインソールはというと、こちらもフルオーダーで23,000円前後。普通の靴感覚で考えると、高価な商品であり、「普段は大切に寝かせておいて、いざというときに履こう」、こんな風に考えておられる方も少なくありません。

 

でも、これも私の「ホカオネオネ」と同じように、置いておくだけでは「宝の持ち腐れ」。ちゃんと使ってあげなければ価値も効果もありません。

 

人の生活を豊かにしてくれる「道具」達、正しく使ってあげてこそ、彼らも道具冥利を感じてくれるものです。お家に眠っている「お宝」が使われないまま腐ってしまわないように、気をつけましょう。

 

足と靴のご相談はフットクリエイト

 

ライン始めました。ご登録はこちらから。

 


コメント
コメントする