カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

検索

RSSからブログを 購読して新着記事を いち早くチェック!
ブラウザのお気に入りに登録
2018.12.07 Friday

人手不足がチャンスになる

昨日のこと、一年も前から楽しみにしていた、あるバンドのライブ。そろそろ予約をしておかねばと、電話を入れて絶句。

 

「ごめんなさい、ソールドアウトしてしまいました」という悲しい言葉が返ってきました…。

 

仕方がないので、「キャンセル待ちでお願いします」と電話を切って、そのバンドのフェイスブックを見てみると、1週間前に、「席が埋まってきました」というメッセージが入っていました。おそらく、それを見た人が、急いで予約を入れたのでしょう。

 

そして私も、フェイスブックに、「ライブを増やしてください」というメッセージを入れたところ、すぐにグループの主宰者から「検討してみます」というメッセージが届き、改めて、SNSの時代を痛感いたしました。

 

話は変わって、昨今、人手不足が叫ばれています。これから年末にかけては、宅配や年末年始の買い物などで、あちらこちらで人手不足も深刻になってくるかと思います。特に、中小の店や企業では、人集めにはかなり苦労をされているようです。

 

家の近所に「お総菜の店」があります。夕食の準備に困った時は、健康にも配慮され、味付けも優しい、このお店のお惣菜を重宝しています。ところが、先日お総菜を買いに行ったところ、シャッターが下りていて、「人の都合がつかないので、休ませて頂きます」という貼紙が。

 

そういえば、最近これと似た文言の貼り紙は、あちこちで見かけるようになりました。

 

もちろん、消費者にとっては、いつも開いている「コンビニ」スタイルの店が便利なのかもしれませんが、本当にそんな長時間、店を開けている必要があるんだろうか、といつも思っています。

 

店を開けていることだけに労力が取られ、小さな企業であれば、それだけで疲労困憊。それよりも、十分休みをとって、英気を養って、よりよい接客、よりよいサービス、よりよい物作りをすることが、お客様にも喜んでもらえるのではと思います。

 

人手不足で、不本意にも「定休日」を作ったり、増やしたりしなければならないことは、敢えてチャンスに変えてしまいましょう。

 

足と靴のご相談はフットクリエイト

 

 

 


コメント
コメントする