カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

検索

RSSからブログを 購読して新着記事を いち早くチェック!
ブラウザのお気に入りに登録
2018.12.04 Tuesday

人口がじわりじわり減っていく

地元の新聞に、京都府内の有権者数が減少という記事が掲載されていました。有権者数=人口ではありませんが、京都市内は軒並みマイナスとなっていて、有権者の減少は、人口減という問題のほか、市内から市外への転出も、その大きな原因となっているように思います。

 

私が生まれ育った下京区の駅前界隈は、昭和40年代には子供も多く、夏の地蔵盆の時期、3日間通して「おやつ券」「スイカ券」「ゲーム券」他、子供達を集めての様々な催しがありました。また、放課後の公園は子供で賑わい、遠くまで買い物へ行かなくても、地元の小さな商店街や商店で、何でも賄うことができました。

 

そして今、その同じ界隈では、家はことごとく解体され、大小多くの宿泊施設に変わり、子供達の声は、旅行者の押すキャスターの音に変わってしまいました。

 

京都市によると、相変わらず宿泊施設は足らないそうで、まだ宿泊施設の建設ラッシュは終わっていません。

 

私たちの町が壊れていく。

 

京都に暮らす多くの住民は、今の町の様子に大きな危機感を抱いています。行政と住民が一体になって、もういい加減、真剣に変えなければいけない所に差し掛かっているのではないでしょうか。

 

私も地域に暮らす1人として、あるいは、地域で商いする一商店として、何かのお手伝いができればと思っています。

 

足と靴のご相談はフットクリエイト

 

 


コメント
コメントする