2018.09.16 Sunday

4マスと呼ばれ…

世間は三連休、昨日は烏丸通りも五条通も大渋滞をおこしていました。今日も市内へは、車で出かけない方がよさそうです。

 

今朝、ネットニュースをチェックしていると、「4マス」という単語が目につきました。国語の4字熟語か?と思ってよくよく読んでみると、「テレビ、ラジオ、新聞、雑誌」のことを4マスと呼び、これらの2018年7月の広告売り上げは前月比でマイナスとなり、インターネット広告一人がプラスとなって、そのおかげで広告収入全体としてはプラスとなっているという内容でした。

 

この傾向は何も今年から突然始まったわけでは無く、2015年から既に減少傾向は続いているそうです。このような統計に頼らなくても、今の自分たちの普段の生活を振り返ったら、納得ですよね。

 

そして、これは広告業界だけの問題ではなく、これまで世の中に存在してきた、ありとあらゆる産業、業種、業態で、同じようなことは既に起こりつつあり、またここ数年でそれは産業革命的な事態になるのです。

 

かつてエリートとか花形と呼ばれ、あこがれられていた、マスコミ業界、金融業界なども、今と同じ形ではもう存在できないのかもしれません。

 

そして、大規模であろうと小規模であろうと、何らかの形で事業に携っている私達こそが、危機感を持ち、21世紀型産業革命にいち早く対処しなければいけない、そう感じた4マスのニュースでした。

 

足と靴のご相談はフットクリエイト

 

 


コメント
コメントする