カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

検索

RSSからブログを 購読して新着記事を いち早くチェック!
ブラウザのお気に入りに登録
2018.09.05 Wednesday

なすすべもなく、ただおろおろと

昨日の台風一過、皆様のところでは大きな被害は無かったでしょうか?

 

いつも台風が来るといっても、大きな被害もなく、気付かない間に通り過ぎていることが多いので、今回もそんなことだろうと、実は、たかをくくっていました。

 

自宅で仕事をしながら、台風の過ぎるのを待っていましたが、2時を過ぎたあたりから、これまで経験したことのないような、強い風が吹きはじめました。庭に、沈丁花の木が立っているのですが、その枝たちがちぎれそうにたわみ、そのしっかりした木の幹までもが揺れています。そのうち、2階で大きな音がし始めました。何かがバンバンと打ち付けられる音です。

 

そして、しばらくすると、2階の物干しから、色々なものが庭に落ちてきました。これは風で飛びそうだと思うものは、もちろん予め家の中に入れてあって、残っているのは、「まあーこれは飛ばんやろ」というものでしたが…。

 

しかし、今回はそんなものまでが飛んでしまいました。そして、大きなバンバンという音、それは、物干しのトタン屋根が半分ちぎれてぶつかっている音だったのです…。放っておけば、絶対にちぎれて飛んでいきそうです。しかし、あの風の中では、なすすべもなく、ただ風が通り過ぎるのを待つしかありませんでした。

 

台風が過ぎ去って、我が家の物干しの屋根はすっぽんぽんになってしまいましたが、他所にご迷惑をかけなかったのが、幸いでした。

 

今朝、表に出てみると、通りの様子も一変していました。京都の人は、私を含め、台風を甘く見がちですが、今回、自然の驚異を見せつけられるとともに、人間の無力さを感じました。

 

神戸や大阪にもたくさんの被害が出ているようです。一日も早い復旧を祈っています。

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする