カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

検索

RSSからブログを 購読して新着記事を いち早くチェック!
ブラウザのお気に入りに登録
2018.08.28 Tuesday

血管切れへんやろかと…

お休みの昨日は、メルマガを書いたり、お客様宛てのDM準備などに明け暮れました。ひと段落ついて、向かったのは京都コンサートホール。

 

「山下洋輔、日野皓正、藤舎名生による驚異のセッション」という豪華な饗宴です。

 

藤舎名生さんは横笛の演奏者で、とても著名な方だそうですが、これまで私は名前も知りませんでした。それにしても、横笛の音色というのは、実に日本的で、その響きだけで、私達を幽玄の世界へいざなってくれるようです。

 

そして、驚いたのは、3名の出演者の年齢が概ね75歳ということ。

 

山下洋輔さんは、昔から円熟した雰囲気があり、さほど違和感は感じませんでしたが、40年ほど前に(多分聴いたことがある)見た日野皓正さんは、非常にアグレッシブで、身体中からエネルギーがほとばしっているというイメージだったので、75歳と聞いて余計に驚いてしまいました。さらに、演奏にしても、ピアノや横笛であれば、まだ体への負担が少なくて済みそうですが、トランペットのあの演奏は、命がかかっているようにも感じ、日野さんの演奏中は、ひやひやドキドキしてしまいました。

 

3つの楽器のジャムセッションは、非常に楽しめましたが、あの大きなホールでは、その熱さが伝わってきません。やはりジャズの即興演奏は、小さなライブハウスが似合うかなと思いました。

 

それにしても、人生の円熟味を感じさせてくれるコンサートでした。

 

足と靴のご相談はフットクリエイト

 

 

 

 


コメント
コメントする