カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

検索

RSSからブログを 購読して新着記事を いち早くチェック!
ブラウザのお気に入りに登録
2018.08.07 Tuesday

5回分のご利益?

先日のことです。

 

いつもの朝ランで、未知のコースがたくさんある東山。その日は、これまで走ったことのないコースを探して走りました。京都女子大の通称「女坂」をひたすら登っていくと、豊国廟という豊臣秀吉が祀られている地にでてきます。その場所は、阿弥陀が峰という標高196メートルの山頂にあり、山頂まで一直線に石段が続いていて、(京都観光Naviによると、565段の石段だそうです)それを登って行かなければなりません。下から眺めた頂上は、気持ちが一気に萎えてしまいそうな、急な石段のはるかかなたでした。

 

しかし、せっかく走ったことのない場所を走りにきているのだからと、気持ちを強く持ち、いざ登ろうとすると、なんと、上り口にある料金受けに、100円を入れてくださいという貼紙が…。ところが、この日持っていたのは500円玉と1000円札だったのです。1000円札は、ランの帰りにパン屋さんでパンを買うお金なので使えません。使えるのは500円玉のみ。

 

とても悩みました。選択肢は3つ。

 

1 今回はお金を入れず、謝りながら登り、後日100円を入れにくる。

2 清水の舞台から飛び降りた気持ちで500円玉を入れる。

3 今日はあきらめて帰る。

 

しばらく悩んで出した結論は、2番。500円入れたら、太閤さんも気を良くされて、きっとたくさんのご利益もあるに違いない。そう自分に言い聞かせ、思い切って500円を入れたのです。

 

そして、ひたすら登った565段の石段。頂上には大きな石碑が一つ。市内が一望できることもなく、それ以外には何もありませんでした。

 

あれから2日、久しぶりに足が筋肉痛にはなりましたが、まだご利益はありません…。

 

足と靴のご相談はフットクリエイト

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする