2018.08.01 Wednesday

天邪鬼(あまのじゃく)で夏を乗り切る

8月がスタートしました。いつもの年であれば、今月は暑さの勝負月と、気合も入るのですが、7月に目いっぱいの暑さを既に体験しているためか、普段より8月を迎えるというストレスが低いように感じます。

 

こういう暑い時期には、エアコン、氷、ソーメンなど、体を冷やしてくれるものに、つい目が行ってしまいますが、こんな時こそ「熱い」ものをと、昨日は、キムチ鍋というメニューとなりました。さすがにエアコンを使っての鍋ですが、熱さと辛さで、夏場のだらけた体に喝が入ったように感じました。

 

暑い時期の熱い食事もなかなか良いものです。

 

ちなみに、わざと他人の言行に逆らうひねくれ者のことを、天邪鬼(あまのじゃく)と言いますが、語源由来辞典によれば、あまのじゃくは、古事記など神話に出てくる「天探女(あまのさぐめ)」という、悪神の名前からきているそうです。この神様は、人の心の内を探り、その意に逆らう、ひねくれた神様だったそうです。

 

しかしまあ、夏場に鍋というのは、特にひねくれている訳でもないので、あまのじゃくとは少し違うのかもしれませんね。

 

このところの暑さで体を持て余しておられる方、ぜひ「鍋」をお試しください。そして、この夏場も、ウォーキングを欠かさずに、この夏を乗り切ってしまいましょう。

 

足と靴のご相談はフットクリエイト


コメント
コメントする