2018.07.31 Tuesday

監視される社会!!

暑かった1ヶ月も今日で終わり、明日から8月。さらに厳しい暑さとなるのでしょうか。しばらくは、エアコンが離せない日々が続きそうです。

 

エアコンというと、昨日、面白い記事を見つけました。

 

NECとダイキンが共同開発したという、その名も「眠気監視システム」

 

この記事によると、人が眠気を感じたときに効果的なことは、明るさを上げるのでもなく、ローズマリーの香りをかぐことでもなく、室内の気温を3℃下げることだったそうです。

 

この実験から得た結果を利用して開発されたのがこのシステムで、何でも「まぶたの揺らぎ」を感知できるカメラで、オフィス内の眠そうな人を見つけ出しては、それに応じて室内の温度を自動で下げるというものだそうです。

 

近頃は、何か犯罪が起こっても、道路などに設置された監視カメラのお蔭で、犯人を割り出したということをよく耳にしますが、気づかないところで、自分もこうやって常に見られているのかと、少し怖く感じたりもします。

 

それが毎日のオフィスでも、机に座っている間中、カメラに監視されるとなると、そこで働く人々は、たまったもんではありません。

 

カメラに監視されない角度(どんな角度でしょう??)で仕事する人も出てくるかもしれません。もともと「まぶたの揺らぎ」が頻繁な人はどうするのか?「まぶたの揺らぎ」が起こるタイミングは人それぞれで、そのたびに温度が下がるのか?

 

など、実用にはまだ課題が残るかと思いますが、「眠気」という個人的な問題までも、監視される世の中は、果たして本当に素晴らしい世の中なのか??

 

疑問は尽きません…。

 

それよりも、快適な歩行で、健康的に眠気を吹き飛ばしましょう。

 

足と靴のご相談はフットクリエイト

 

 


コメント
コメントする