カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

検索

RSSからブログを 購読して新着記事を いち早くチェック!
ブラウザのお気に入りに登録
2018.07.04 Wednesday

清水寺の仏足石

7月の京都は、祇園祭をはじめ、市内のお寺や神社では夏祭りが目白押し。普段よりもさらに多くの観光客でにぎわいます。

 

市内の観光地は、このような蒸し暑い中でも、日中はほぼ近寄れないぐらいの人・人・人。いえ、日中だけでなく、夜明けが早い今の時期は、6時過ぎともなると、既に観光客の姿が見られ始めます。

 

フットクリエイトから、五条通りを東へ歩いた東山の中腹にある、清水の二寧坂や産寧坂の細い通りも、日中には多くの人で動けなくなってしまいます。こちらも観光は、やはり早朝がお奨めです。

 

さて、この清水寺の中にある多宝閣(通常は非公開)という施設の中に、4メートルにもおよぶ大きな大きな仏足石があります。20メートルの高さから下を眺めると、その奥底の黒大理石に、厳かに描かれた仏様の御足が浮かび上がるように見られます。

 

もう少し間近で仏足石を観たいという方は、清水から少し南へ下がったところにある、智積院にも仏足石があります。仕事柄でしょうか、仏様の足を拝んだり、眺めていると、心が安らぐように感じます。

 

京都観光も、単に有名な所ばかりを回るのではなく、何かテーマを決めて回るのも面白いかもしれませんね。

 

そして、ご自身の足の裏を観察してみたいという方は、足と靴のカウンセリングを受けてみてください。

 

今日も一日、大気が不安定な様子。突然の豪雨には、くれぐれもご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする