2018.06.06 Wednesday

でた!!

今日は二十四節気の芒種。麦の刈り入れやイネ科植物の種を播くのに適しているとされています。ちょうど梅雨に入る時期でもあり、気象観測という技術も無かった時代からの叡智には頭が下がります。

 

さて、昨日のこと。フットケアのお客様をお迎えしようと、部屋の準備をしていました。部屋を整え、出ようとしたときに、部屋の中にかかっているスダレの裏で何か大きなモノがカサッと動きました。

 

???

 

よくよく目を凝らしてみると、スダレ越しに見えるのは、大きな「クモ」しかも、手のひらを広げたほどの大きなクモ。(やや誇張があるかもしれません…)さらに恐ろしいのは、お腹に白い卵の袋を抱えていること。あの袋が破れたら…。

 

そう思うと、もう気が気ではありません。部屋の中から出て行ってくれないと、お客様もお迎えできません。

 

手には、なぜかホウキやチリトリを持ち、私とスタッフは、何とか表へ出て行ってもらえるようにと、「彼女」を追い込みました。

 

そしてついに、「彼女」は、窓から表へ…。無事にお客様もお迎えすることができました。

 

しかし、今頃は「彼女」はこの付近で、出産しているかもと考えると、気が気でない日々がしばらくは続きそうです。この時期は、クモたちの出産期かもしれません。皆様も十分にお気をつけください。


コメント
コメントする