2018.05.26 Saturday

フットケアは難しくない

フットケアというものが日本で認知されてから、四半世紀ほど。とはいっても、今もなお「何それ?」と言う人や、「ああ、足つぼね」と言う人など、本格的な認知には至っていないのが現状です。

 

フットケアといっても、何か特殊な事をするのではなく、足をきれいに洗ったり、爪を正しく切ったりということが基本です。とりわけ、年齢が高くなればなるほど、このフットケアが大切になってくるのです。

 

例えば爪。年齢とともに体全体の水分量が少なくなり、爪も乾燥、さらに、長年の靴などの負担によって、爪も分厚くなりがち。こうなってしまうと、爪を切るという単純なことでさえ、とても困難になってしまうのです。

 

フットケアは、足を清潔に保ち、足にかかる負担を取り除き、そして保湿することが基本中の基本。決して難しくはありません。まずはご自身の足のケア、そしてもしご家族に年齢の高い方がおられるのでしたら、その方の足もしっかりケアをしてあげてください。健康は健やかな足から始まります。

 

足と靴のご相談はフットクリエイト

 

 

 

 


コメント
コメントする