2018.05.25 Friday

武士道が生きる国

このところ、気温も湿度も高めのためなのか、走るのがとてもしんどかったのですが、昨夜は久しぶりに気持ちよく走ることができました。

 

最近話題になっている「悪質タックル」の問題で、当事者による会見が、賞賛されているようです。その様子を見てはいませんが、彼のとったその態度や行動を、日本人社会が好意的に受け止めるその背景に、今も「武士道」の精神が流れていることを感じました。

 

潔さ、勇気、正義、誠や礼節など、武士が最も重んじ、その命さえもかけて守ってきた精神が、報道される彼の態度や言葉から感じられ、「天晴れ」と称賛に値するところに、多くの人々の共感を呼んだのではないでしょうか。

 

政治、経済、学問…大丈夫だろうかと思う事の多い日本社会ではありますが、何百年をかけて培ってきた私たちの大切な精神は、今もなお健在であることを感じさせてくれた出来事でした。

 

 

 


コメント
コメントする