2018.05.05 Saturday

靴を使いこなす

昨日は鞍馬、貴船へ行ってきました。市内からはすぐに行ける距離なのに、なかなか行くチャンスが無かった場所です。

 

新緑の参道は空気がとても澄んでいて、気持ち良いスポットでしたが、市内ほどでは無いにせよ、あのあたりも観光客でにぎわっていました。

 

貴船神社で参拝したあと、「鞍馬はこっち」の標識があったので、何も考えずにその道を歩きはじめましたが、どうも、一山越えなければいけないようです。標高は低いとはいえ、まさか山歩きをするとは思っていなかったので、足元はいつもの「アサヒメディカルウォーク」。貴船側から登りだすと、いきなり急な坂が続きます。それでも何とか鞍馬寺本堂まで辿りつき、宇宙からのエネルギーを体全体に受けました。

 

そして帰り。同じ道をまた貴船へ降りて行ったのですが、あの靴での下りはとても大変でした。靴底はアスファルト仕様のほとんど溝の無いタイプで、靴の中でも足が滑り、靴底も滑りで、ずっと気を張り詰めながらの下山でした。

 

車のタイヤにも雪道用、ノーマル用があり、包丁にも魚用、野菜用があるように、足元も地面の状況に応じて履き替えることが大切ですね。

 

しかし、そんな山道をヒールを履いている人が数名おられましたが、これは全くの論外。

 

靴もTPOを考えて、賢い履き手になりましょう。

 

足と靴のご相談はフットクリエイト


コメント
コメントする