2018.04.15 Sunday

靴磨きもほどほどに

先日、愛用していた長財布のチャックが突然壊れてしまいました。財布が壊れたままというのは、何となく良くない気がして、同じような形をした財布を探そうと思いましたが、以前、土屋鞄製造所というお店で、とてもしなやかな革づかいの財布を見たことを思い出して、早速お店へ行ってみました。

手に取ってみると馴染がとても良く、使い勝手も良さそうだったので、注文し、早速今日から使い始めています。お店の方曰く、使えば使うほどに味がでてくるそうですが、たまにお手入れもしてほしいとのこと。

財布やカバン、靴といった革を使った製品は、あまり乾燥させてしまうと、亀裂などが生じてしまうので、たまに保湿クリームを塗って磨くというのが、基本的なお手入れです。人間の肌と同じですね。フットクリエイトで扱っている革靴も、日々のお手入れが行き届いている靴は、何年たっても実に美しいものです。

が、かといって毎日のように磨けば磨くほど良いのかというと、靴磨きの専門家によると、磨きすぎはNG。あまり磨きすぎてしまうと、革の質感が衰えてしまうので、概ね10回程度履いたあとにケアをすると良いそうです。

靴に限らず「道具」というのは、ただの物質なのかもしれませんが、これら大切なパートナーに愛情を持ち、しかるべきケアをすることで、彼らは私たちの生活を支え、豊かにしてくれるのではないでしょうか。

足に合った一足を大切にいたしましょう。

足と靴のご相談はフットクリエイト


コメント
コメントする