カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

検索

RSSからブログを 購読して新着記事を いち早くチェック!
ブラウザのお気に入りに登録
2019.02.26 Tuesday

お風呂ケアで気をつけること

毎月26日は「ふろ」の日。特にこのような寒い時期には、ゆったり湯船に浸かって、ほっこりするのが嬉しいですね。

 

このバスタイムを利用して、ぜひお奨めしたいのが、「フットケア」です。フットケアといっても、特別なことをするのではなく、足、とくに足趾の間を一つ一つ丁寧に洗ったり、足の爪の中に詰まってしまった、靴下の繊維などを取り除いたりということをして頂ければ、それで十分。あとは、湯上りの、まだ肌が温かい間に、保湿クリームを、こちらも指の間や爪の根元なども含めて、丁寧に塗ってあげましょう。

 

ところで、皆さんは、普段湯船にどれぐらいの時間浸かっていますか?私は、じっとしていられないという、性格的なこともあって、長くて10分程度、さほど寒く無い日などは2〜3分ぐらいの時もあります。お風呂に浸かっている時間が、私のように短い人であれば、さほど問題はないのですが、20分も30分も湯船に浸かりっきりというときには、一つ注意をして頂きたいことがあります。

 

前述のフットケアですが、長い時間湯船に浸かっていると、皮膚は思っている以上に、水分を含んで柔らかくなっています。こんな状態で、例えば、フットケア用品としてよく見かける、皮膚ヤスリ(レデューサー)を使い、かかとのガサガサや、タコなどの硬い部分をせっせと擦ってしまうと、必要以上に角質が取れすぎてしまい、後で大変なことになってしまいます。

 

お風呂に長く使った後では、あまり皮膚を「ごしごし」擦らないようにいたしましょう。

 

毎日文句も言わず、私たちの身体を支えてくれている「足」。大切にお手入れをして、いつまでも長く使いたいですね。

 

足と靴のご相談はフットクリエイト

 

ラインはじめました。ご登録はこちらより。

 

 


| 1/47PAGES | >>