カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

検索

RSSからブログを 購読して新着記事を いち早くチェック!
ブラウザのお気に入りに登録
2018.01.17 Wednesday

分野違えど―足と靴の研究

JUGEMテーマ:健康]

 

時々訪問するあるサイト。腸内細菌などの研究をされている理化学研究所の辨野先生のサイトです。足も大切ですが、腸内環境の良し悪しも、健康に大きな影響を与えることが知られています。

 

その研究室で、現在被験者を募集中。便を送ると、自分の腸内環境を調べてもらえるそうです。もちろん、あくまでも被験者という立場なので、かなり膨大なアンケートなどもあるかと思いますが、興味深い分野でもあるので、早速わが家全員、被験者となることにいたしました。

 

こちらの研究室では、恐らくこのような多くの被験者から送られてくる「うんち」と日々格闘されているかと思いますが、研究室では、そのような検体の分析を来る日も来る日も繰り返され、データ化され、分析されるのでしょう。考えるだけで大変な仕事量です。

 

私も、大学、大学院で研究という仕事に携わった時には、毎日地道な仕事を繰り返しました。

 

大学院で取り組んだ「高齢者の転倒」というテーマでは、ほぼ1カ月間足のプリントをひたすら採り続けました。そして採った後は、そのプリントのデータから、外反母趾角などを測り、その数字を入力、さらに分析という実に気の遠くなる仕事をした経験があります。

 

また、娘の研究はサメ。こちらもまずサメを捕獲することから始まり、採ったサメを一晩かけてさばき、個体の大きさ、重さ、各内臓の重さ、胃の内容物などなど、大切な命を無駄にしないために、一つ一つ大切に仕事をこなしていきます。

 

分野は違えど、研究というものは、非常に気の遠くなるような、そして地道な努力の積み上げの結果。本当に大変な仕事であると思います。世の全ての分野の研究者の皆様に、改めて敬意を表したいと思います。

 

足と靴のご相談はフットクリエイト


| 1/1135PAGES | >>